父親の話。

忍者AdMax




父親が現在住んでいる場所から、引っ越しをするそうです。

兄はこの行為を終活といっていました。

確かにそうなんですよね・・・。



続きは、追記に書きます。
ご興味のある方は、どうぞ・・・。

過去記事で、父親が肺ガンのステージ4であることは書きました。

まぁ外科的手術も不可能で、出来ることは抗がん剤治療による延命処置だけと言われ、
延命行為を拒絶した父。

そうなると、いつ自分に死が訪れるか分からない。

そうなった時に、再婚相手の奥さんを一人残すことに対して、
色々な不安があり、現在住んでいる戸建ての借家からアパートに引っ越すのです。


今までは自分で造園業を行っていたので、ミニユンボもあったので、
雪が多い地域に住んでいても、自分で除雪が出来ました。

しかし仕事も引退し、重機も売却してしまった今、
大雪が降られたら、とても除雪なんて出来ない。

そう考えたら、自ら除雪をしなくても大丈夫なところに引っ越すことで、
少しでも奥さんの負担を減らそうとしたのです。

また、現在住んでいる場所は車がないと不便ですが、
いつがん細胞が、肺の太い血管に穴を開け、大量吐血による急死をするか分からないと言われた今、
車の運転も危険だと言われ、持っていた乗用車も売却してしまったのです。

そうなると、公共機関の交通の便が良い札幌に引っ越してきた方が、
あとあと良いと判断して、札幌に引っ越してくるのです。


引っ越す予定の地区は、私たちが住んでいる地区とは少し離れていますが、
同じ札幌市内なので、何かあれば30分程度で行ける距離です。

以前よりは近くなりましたね(笑)

少しずつ父親が、自分の最後を考えながら行動をしています。
そう考えたら、色々考えているんだろうな・・・なんて思います。


” いつ迎えが来てもいいんだ。 悔いもないしな(笑) ”

なんて言ってましたが、実際にその時がこんなに簡単に来るとは思っていなかったでしょうね・・・。


せめて愛娘いちごに、じいちゃんとの記憶が残る程度までは、
生きていて欲しいな・・・なんて思いますが、それは神のみぞ知る運命の時間。

私のワガママが許される訳はないですからね。

話が逸れましたが、その父親の引っ越しの手伝いのことを、
父親が兄に何やら頼んだようで、私にも話が回ってきたのです。

明日もう一度話をして、日程を決めるそうですが、
少しずつ父親の最後が近づいていると思うと、やっぱり寂しいですね。


あとどれくらい、父親孝行が出来るかな。

あとどれくらい、父親との想い出を作れるかな。


引っ越しが終わって、父親の容体が安定していたら、
みんなで温泉旅行に行こうかという話が出ています。

でも、悲しいかな肺ガンは、他のガンと違っているらしく、
高齢者だとしても進行が早いそうで、1か月後とかにはどうなっているか、
正直分からないようなのです・・・。

もしも父親と、愛娘いちごに強い縁があれば、
一緒に温泉旅行に行くくらいの想い出を作る時間があるでしょう・・・。


ほんとそればかりは、神のみぞ知る時間なんでしょうね・・・。

出来れば、一緒に行きたいな。
DSC_1385.jpg


忍者AdMax 




↓無料登録で、ブログに貼るだけで、簡単に稼げるかも!! ↓
忍者AdMax

↓オススメポイントサイトです♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↓今、私的にはイチオシかも♪ 

スポンサーサイト
テーマ: 日々のできごと | ジャンル: ライフ